スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2ヶ月経ちました。

こんにちは はっちゃくです。

みなさん “じょー”さんの記事 読まれましたか?
すごかったですね。
私は、ジーンときてしまいました。

口には出さなかったけど
リーダとしての重圧を強く感じていたんだな~
って思いました。


さて、今回も背伸びをして
行動指針について記事にします。

8月の全体朝礼で新しい行動指針が発表されて
2ヶ月が過ぎようとしています。
206464629_624_v1410643210.jpg


毎朝の朝礼での唱和や、
各職場での対話のテーマになっているので
徐々に浸透してきているとは思うのですが・・・
みなさんどうですか?

作成(策定)に参加した私としては、
周りの反応が気になります。
「短くなっていいと思うよ」
「シンプルになった分、意味が分かり易くなりました」
「別に・・・」

いろんな意見を聞きましたが、
その中で
「自分はもちろん、みんなが行動指針を実践できるようになったら
    すごくいい会社になると思うなぁ」
と言ってくれた人がいました。

スゴイ奴がいるもんだと感心してしまいました。

行動指針の内容は
「出来ていないことばかりだなぁ」
っていう人が多いと思うんです。
(私は特に継続することが苦手です)

だからこそ
「できるようになったときどうなるんだろう」って考えてみると、
いろんないい事が思い浮かべられるんじゃないかと思いました。

そんなわけで、
来週からの技術部の対話テーマは
「行動指針の○番を
   みんなできるようになったら
     どんなふうに変わるんだろう」 にします。
標準機グループも同じテーマで話し合うみたいですよ。

自分にとって、何らかの変化のきっかけになれば・・・
と思っています。 

スポンサーサイト

「気づき」ってどういうことなの

皆さんこんにちは はっちゃくです。

今回は、新・行動指針の「気づき」について取り上げたいと思います。

皆さんは、この「気づく(き)」ということと「理解する」の
違いは何で、どちらが、深いと思いますか?

以前の私は、当然「理解」のほうが、ランクが上だと思っていました。
「気づき」とは「あれっ髪切った?」くらいの程度だと。

でも、新・行動指針での「気づき」には、とんでもなく深い意味があるんです。

私が学んだ「気づき」とは
「他人に教えられることではなく、自ら心で感じ、
  物事に対して、今までと異なる理解や認識を持つようになること」

別の言い方をすれば、「腹落ちする」「心に落ちる」あたりでしょうか。

「理解」が「頭で感じる」に対し、「気づき」は「心で感じる」
と表現をしてもよいのかもしれません。

さて、ここからは「気づき」について私なりの解釈を説明します。

なぜ「気づき」が必要かというと
新しい気づきが行動に変化を起こしたり、新しい行動につながる
からです。

そして、気づきを得るためには、ちょっとした努力が必要です。

例 その1(家庭で)
今日は、母の日だった。そこで、日ごろはすべて妻がやっている炊事・洗濯を
自分がやってみたところ、会社の仕事よりよっぽど大変なことが分かった。
それ以来、家事の分担を心がけるようになり、「毎日ありがとう」と感謝するようになった。
(自分で経験したことによる気づき)

例 その2(会社で)
今まで話たことの無かった他部署の人と、飲み会で席が隣になった。
共通の話題などあるはずも無いので、当然のように仕事の話をする事になったが
お互いが、協力し合えば、解決できそうな問題がたくさんあることに気づいた。
(対話から生まれた気づき)

気づきを得るためには、体験学習が一番だそうです。
「自分で考える」
「自分の考えを発言する」
「今まで経験したことが無いことを実践してみる」
「自分のやったことを振り返ってみる」
などが代表例です。
どうやら何もしないことには、気づきはなさそうです。

さて、この記事を書くことで
学んだことを整理し、文章にし、研修会の内容を振り返った私の気づきは・・・
「十分理解できていなかった」ことです。
再度、研修会のノートを見直します。

各職場での対話のテーマとして、「気づき」も必ず取り上げられると思います。
何を話したらよいか分からない方は
当ブログの感想を発表してくれるとうれしいです。

最後に
諸先輩の皆様にお願い。
読んでくださった皆さんが、間違った理解をしてしまっては困るので
「はっちゃく何ウソ言ってんだ」という方は
修正・補足をコメントに寄せていただけないでしょうか。

「こだわり」もほどほどに

こんにちは はっちゃくです。

私のやっている設計を簡単に説明すると
3次元CADを使用して、部品モデルを作成し
それらを組立モデル上で組み合わせ
機械と同じ動作条件を与えて、仮想の機械を作り上げる作業です。

「誰でも理解し、流用できるモデル作成」が部門目標になっていますので
モデル作成方法、組立モデルの構成など、
部署内で様々なルールが決まっています。

しかし、すべてをルール化することは不可能なので
「誰でも~」に支障が無い範囲で、設計し易い方法を
設計者それぞれが持っています。

かくいう私も、オリジナルの“設計し易い(だろう)”
と思うやり方でやってきたのですが
今週設計したユニット(機械の一部)は、
標準化担当のSさん、Hさんのやり方で作業してみました。

「モデル作成に時間が取られて、肝心の構想や設計作業がやりにくいのでは・・・」
と思い、今まで自分のやり方を変えてきませんでしたが
今回のユニットは新規性が高く、時間がかかることは明らかだったので
それならいっそのこと・・・と思いチャレンジしてみました。

最高だったはずの“はっちゃくオリジナル”に比べ
新しいやり方のほうが、
確認作業や、変更作業を簡単にできるが分かってきました。

悔しいけれど、こっちのやり方のほうがいい。そう思いました。

これからも「同じやり方に固執しない」はっちゃくでありたいと思います。

「尊重する」ってどういうこと?

こんにちは はっちゃくです。

我社の行動指針(ありたい姿、大切にしたい考え)の中に
「お互いとお互いの仕事を尊重し(ます。)」という文言があります。

私は“仕事”と限定せずに
「共に働く仲間同士、お互いを尊重し合いましょう」
と解釈しているのですが・・・

今日は、この“尊重”という言葉について考えてみます。

似た言葉に“尊敬”があります。
こちらは、日常会話の中にも出てくるので理解し易いのですが
“尊重”となると、正直イメージしにくいんです。
テレビでの公的な発言等で耳にしますが・・・

仲間(相手)を 尊いものとして大切に接する。
          思いやる。
          侮蔑しない。(反対語)
      
辞書で調べるとこんな感じでしょうか。

「気持ちをこめて挨拶する」
「相手に関心を持ち、真剣な態度で相手と会話する」
などが基本的な態度だろうと思い
挨拶・朝礼の場では、相手の顔をちゃんと見ることを心がけています。

部署別の「対話」のテーマにも取り上げられたこともあって
どうやら、周りの皆さんも意識し始めたみたいです。

こちらは、昨年末の技術部朝礼の様子
C.jpg
発言しているのは、中央矢印の方です。
一番手前の私は、そっぽ向いちゃっています。


以前は、話す人を誰も見ていませんでしたが・・・
今では、相手の顔をちゃんと見て関心をもって聞くようになりました。
その後


でもこれらは、基本中の基本。
それ以外にどんなことがあるんだろう?
尊重って、行動や発言で表現するものじゃなく、
感じるものではないか?と思ってみたり・・・

なかなかスッキリしません。

尊重するも大切だけど、尊重されることはもっと大事で大変なこと。
仲間たちから、認めてもらう・信頼される・感謝される・・・
逆の立場になって、日々考えて行動していけば、
尊重という言葉の理解も深まるのではないかと考えているのですが・・・

皆さんは、どうやって相手に“尊重する気持ち”を伝えていますか?
または、尊重してもらうために心がけていることって何かありますか?


人生の目的を持っていますか

こんにちは はっちゃくです。

昨年末から開始した朝礼での話し合い(対話)の場
毎週、様々なテーマについてメンバー同志で意見交換をしています。

今週のお題は
「最近目的を持って取り組んでいることはありますか?」
193699438_624.v1392085818[1]

私のグループでは
「作業時間の短縮に取り組んでいる」
「購入部品の価格交渉を積極的にやっている」
「設計作業を効率よく行うために事前準備に力を入れている」・・・
など、「仕事の上で何をしているか」については活発に意見交換できたのですが
肝心な 何のために?・・・ 目的の部分まで、突っ込めませんでした。

ファシリテータ役の私としては
  あなたは、目標をもって毎日過ごしていますか?
  仕事だけじゃなく、家庭や地域社会においてでもOKですよ。
って聞いたほうが、活発な意見交換が出来たんじゃないかなと反省しています。

「仕事のスキルをもっと上げて、お客様や仲間から信頼される技術者になりたい」
「家族みんなが健康で、幸せに暮らしたい」
「周りから、いい人だと言われたい」 など
皆さん、なんとなくは思って日々生活していると思います。

でも
「いつまでに?」「どんなことをして?」
と聞かれると困ってしまいますよね。

私の場合、「分かりません」としか答えられません。
なぜなら、目標が具体的じゃないし、達成に向けた取り組みを意識的に行っていないからです。

つまり私は、何となーく日々過ごしてしまってるんじゃないのかな?と感じた話し合いでした。


ランキングに挑戦してます
あなたの一票が私達を勇気づけてくれます。
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
リンク
ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。