スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

変化の春が近づいてきます。

こんにちは
ドリです。
タバコちゃんと別れて、はや3ヶ月を迎えていますが
きちんと続いてますYO!…ワタシはね…

最近めがねを新調しましたが
触れてくれる人があまりいません。
あまり似合ってないので
腫れ物扱いなのでしょうか…
触れないほうがイイみたな…
MEGAね

ホントはも一個あります

メガネだけでなく
当チャンネルのデザインを一新しました。
一応メンバーのローテーションも一巡しましたので
ここらで気分を変えてみてはと思いました。
スミマセン独断です。
本当は春らしいモノがよかったのですが…
トマトって…ウマイネ!夏っぽいね!

…さて今日はコマーシャルです。

うちの会社にはいろんな人が働いていますが
もちろん会社で働くだけが
人生ではありません。

いろんな活動に積極的に参加している人が大勢いますが
その中のひとつを紹介したいと思います。

「光輝く希望の家プロジェクト」
という活動に参加している人がいます。
これはスリランカの幼い内戦や大津波で家や家族を失った、
また虐待され家に居場所がない子供たちに
支援をする活動のひとつで、
日本にいるその支援者たちは
金銭的な援助だけでなく
その子供たちのお父さん、お母さんとして
遠く離れた日本から手紙などで、コミュニケーションをはかる活動です。
…で
このたび、その子供に希望をもって生きて貰おうということで
なんとその子供たちが数名日本くるそうです。(おお!スッゲ!)
それについで
「絆ハートフルコンサート」というチャリティコンサートが開催されます。
日本の子供たちと交流し、たくさんの人ににスリランカの現状と文化を知ってもらいたいという趣旨で
計画されたものだそうです。

「光輝く希望の家プロジェクト」や
当日のイベントの詳しい内容はコチラをみてくださいね。

光輝く希望の家プロジェクトへゴゥ

なにか、こういった活動の話を聞くと
テレビや新聞などとは違い
急に現実みをおびてダイレクトに心に伝わるモノがアリマスね。

チャリティについては
もし良ければ、是非足を運んでみてください!!とのことです。

これからは、こんな内容の宣伝等も
社員から受付て発信するのも
またイイノカナと思いまして
またも独断でおこなっています。
ヨロシクね。うふ!
スポンサーサイト

子は親の鏡

ちょっと前の話になりますが、息子の通っている保育園で「ごっこ遊び週間」というのをやっていました。
「ごっこ遊び」を通していろんな仕事を体験してみるといったものでお店屋さんごっこ、警察官ごっこ、バスの運転手さんごっこなどいろんなごっこ遊びをしたようです。
うちの息子もたいそう楽しかったようで家に帰ってからもごっこあそびをします。

「かいしゃごっこする!」

私の作業着をまとい、お弁当袋を手にして
「それじゃいってくるね、できるだけはやくかえってくるからいいこにしてるんだよ」
普段の私の言動をよくおぼえている

「いってきまーす。」

部屋を出て行ったと思ったらすぐに入ってきて
「ただいまー!」

あまりに帰りが早いので
「今日は早かったね」と嫁が言うと

「うん、きたむらさんがかぜでやすみだったもんで」

上司が不在で早く帰るときは別の理由を用意しておこう。
余計なことばかり覚えるバカ息子

太陽光発電稼動セレモニーが行われました

いよいよ太陽光発電システムが正式稼動しました。

当社が自家発電所を備えた企業になったということです。

企業の環境に対する姿勢は重要視されていますから、駒ヶ根市でも先駆的に導入できたのは、ちょっと自慢です。

駒ヶ根市最大の太陽光発電システムです。

昨日はそのシステムの正式稼動のセレモニーを行いました。
テレビ局・新聞社と報道関係の方々が思いのほか来られたのにはビックリ!

御来賓の方々も駒ヶ根市長さん、地元の区長さん、金融機関の方々など大勢来られ緊張感が漂う中セレモニーは無事終わりました。

セレモニーの後、発電状況が見られるモニターの前でテレビカメラ2台、新聞記者5名にインタビューを受けている社長をみて自分も誇らしく思えました。

夕方のテレビニュース・今朝の朝刊・・・天竜精機のアピールがしっかりできました。

達成感を味わえたセレモニーでした。

テーマ : お知らせ
ジャンル : ニュース

東京にて意気揚々と

3月14日、東京にて単独説明会がありました。
今回、社長、お玉さん、そして私クボの3名にて行ってきたのですが、
その様子を、「チョット」ご紹介します。


朝からシトシト降る雨に気分はちょっと憂鬱。
少々かさばる荷物と傘をお供にバスを待つ。
とうのバスはのんきに10分程遅れて、悪びれる様子もなく私たちの前に現れた。

「バスに乗ってしまえば、後は東京まで一直線か」
などと少しクールに決めようとしたつもりが、睡魔に襲われノックアウト(涙)

さて、東京での活躍やいかに?(東京も雨かな~)

到着のアナウンスに起こされ新宿に着いた頃は、雨は降っておらず
「おっ、このままもってくれればいいなー。やっぱり、日頃の行いがいいから」
などと自惚れた自分を後目に、他のメンバーはスタスタと会場へ。

また、今回の会場が地上48階という、私にとっては非日常的な空間に心も高く舞い上がるのでした(フワリ)。

単独説明会も始まってみれば、参加してくれた学生さん達は皆熱心に話を聞いてくれて、
熱弁を語る我々と共に会場もヒートアップ。
そんな盛会の会場に「落ち着けよ」と言わんばかりに雨足も強くなってきました。

日頃の行いは、実は悪かったのでしょうか・・・・・・・・(涙)

窓をたたく雨音に負けないように、しかし的を外さないように話も順調に進みます。
そんな雨に霞む東京の街を見ながら、いよいよ説明会も佳境の「フリートーク」へと進んでいきます。
この時間は、学生さんとリクルーターとの垣根を無くし、リラックスした雰囲気でお話しするのが目的です。
熱心に質問する姿、疑問点を問いかけ、時には笑い声も聞こえてくる、なんと和やかな時間でしょうか。


そしてこんな一時は、あっと言う間にすぎてしまうものですね。

最後に学生さんにアンケートを記入していただき、説明会を終了としました。
どんな風に会社や我々は映ったのでしょうか?ドキドキです。


就職活動中の学生さんに、栄光あれ!

渦巻く胸中に感動の渦巻く?

昼間の暖かさに心奪われる今日この頃、
霞む景色は黄砂が原因か、はたまた加齢による目のカスミなのか・・・

桜の開花は平年より遅れそうですが、
もうじき入社式を迎える皆さんには、希望の花開く春であってほしいですね。


こんにちは、クボです。


足元の雪も次第に消えていき、畑の土もホクホクしてきました。
こんな時季に春の味覚として登場するのが

「蕗の薹」(ふきのとう)です。

ご存知ですか?
見た目は緑色のかわいらしい頭をした姿なんですが、私はきらいです。
まー苦い苦い。人になんと言われようが、私はきらいです。

さて、話はまるっきり変わりますが、
本日、社内で活動している2つのプロジェクトの顔合わせ会、というか秋に予定されているイベントに向けての「キックオフ」がありました。
2つのプロジェクトとは、私たちが活動している「リクルーター」と、
もう1つは、今年創立50周年を迎える節目の年に、社史をまとめよう!という活動です。
どちらも、テーマとする活動の裏には、会社のことをもっと知りましょう!
とか、お互いを良く知りましょう!などの他に、
自身が成長できる場にしましょう!ということで取り組んでいます。

で、今年の9月に予定している会社のイベントに向けて、お互いに情報や思いを共有してまとめて行きましょう!ということになりました。

イベントって?

まだ具体的な内容は明らかにはできません。
なぜなら、、、、、、、、、、まだ内容がありませ~ん。

これから、どんな感じに、どうのようにまとめて、どんなイベントにするのか?
楽しみでワクワクしてきます。

目標は、皆さんを感動の渦に巻き込み涙を誘うこと!
うまくできるでしょうか・・・・乞うご期待!

苦い涙は流させませんよ

背中に爪をたて切ない声でなく

昨年の8月、会社の倉庫で子ネコが死にかけているのが発見された。
「もうダメだろう・・・」というくらい、危ない状態だった。
「もし回復したら、私が引き取りますよ」と言ったのが、この子ネコとの同居生活の始まりだった。
そして半年が過ぎた現在。
blog2.jpg

blog3.jpg

blog4.jpg

blog5.jpg

blog6-1.jpg


それはもう、色んな意味で泣きたくなるくらい元気になりました。
安眠妨害なんて日常茶飯事です。

スペースカウボーイ

先日行われた会社訪問会において、学生と社長との座談会に同席しました。
その時に、ビジョンブックの話になり
社長の
「ビジョンブック読んでるか?」
との問いに

「No」

と答えを返したところ
「そんなんじゃだめだ!読んでブログに書け!」
とのお叱りを受けましたので、書かせていただきたくキーボードを叩いています

ビジョンブックについて書く………

ということは、ビジョンブックを読まなければなりません。

読むためにはビジョンブックを手にしなければなりません。

そりゃあ、探しましたよ。

引き出しの中

かばんの中

コタツの中

冷蔵庫の野菜室

ベランダから夜空を見上げ、星空の中を探したりもしました

しかし、見つかりません。
諦めて漫画でも読もうと「AKIRA」を本棚から取り出したとき

ドサッ!

と黒い物体が落ちました。
それはまさに、成長する木々ことビジョンブックでした。
そうです、ビジョンブックは「本」だったのです。
本は本棚にある
まさに
「灯台下暗し」
とは、このことです。

念願のビジョンブックを手にした私は、表紙に目をやる
その黒い表紙は
その漆黒の闇のような表紙は
宇宙を思い起こさせます

そして私は、宇宙に思いをはせます

宇宙………

宇宙は想像もできないような広さで、そこには無数の星が存在しています
その広大な宇宙に約46億年前
さまざまな偶然が重なり、地球が誕生しました。
そしてまた、偶然が重なり生命が誕生し
人類は誕生しました
それはガリガリ君の当りが出るよりも、もっと低い確率です
そうまさに、奇跡です
そういう意味では

私が生まれたのも奇跡

天竜精機に就職したのも奇跡

安全靴がボロボロになったのも奇跡

台所のニラが腐っているのも奇跡なのです

ですから、私たちは数々の奇跡の上で存在していることを実感して
日々生活をしていかなければなりません
そうすれば、一日一日が充実したものとなります

そんな充実した日々が、人を成長させます

そして人が成長すれば、会社も成長します

そうすれば

世界中から見学や、引き合いの絶えない会社となるでしょう

そんなことを、ビジョンブックの表紙は表現しているのだと思います

表紙だけで、これだけの事を教えてくれるビジョンブック
その中身は
そりゃあもう、とんでもないことになってます
でも私は、少し疲れました
中身については、また機会があれば書きたいと思います



こんなところで良いですか? 社長?

sya




(おたま)
ランキングに挑戦してます
あなたの一票が私達を勇気づけてくれます。
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
リンク
ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。