スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

お客様のため


こんばんは、じょいです。

私は加工グループで仕事をしています。
加工Gは、組立や設計、営業の方と違い、仕事で社外に出ることはまずありません。
また、当社の商品である機械にも、日々の仕事では触れることはほとんどありません。
実際リクルーターになるまでは、うちの会社がどんな機械を作っているのか、
正直なところ全く理解していませんでした。
リクルーターの活動を通し、他の部署の方と関わって話を聞いていくうちに、
以前よりはわかることも増えてきました。
また、自分から会社のことをもっと知ろうという気持ちになってきたと思います。

加工Gにいると、つい目の前の図面しか見えなくなりがちです。
ですが、その先にお客様がいるということを忘れずに、毎日仕事をしていきたいです。
スポンサーサイト

「こだわり」もほどほどに

こんにちは はっちゃくです。

私のやっている設計を簡単に説明すると
3次元CADを使用して、部品モデルを作成し
それらを組立モデル上で組み合わせ
機械と同じ動作条件を与えて、仮想の機械を作り上げる作業です。

「誰でも理解し、流用できるモデル作成」が部門目標になっていますので
モデル作成方法、組立モデルの構成など、
部署内で様々なルールが決まっています。

しかし、すべてをルール化することは不可能なので
「誰でも~」に支障が無い範囲で、設計し易い方法を
設計者それぞれが持っています。

かくいう私も、オリジナルの“設計し易い(だろう)”
と思うやり方でやってきたのですが
今週設計したユニット(機械の一部)は、
標準化担当のSさん、Hさんのやり方で作業してみました。

「モデル作成に時間が取られて、肝心の構想や設計作業がやりにくいのでは・・・」
と思い、今まで自分のやり方を変えてきませんでしたが
今回のユニットは新規性が高く、時間がかかることは明らかだったので
それならいっそのこと・・・と思いチャレンジしてみました。

最高だったはずの“はっちゃくオリジナル”に比べ
新しいやり方のほうが、
確認作業や、変更作業を簡単にできるが分かってきました。

悔しいけれど、こっちのやり方のほうがいい。そう思いました。

これからも「同じやり方に固執しない」はっちゃくでありたいと思います。

韓国出張で感じた「スピード」

こんにちは、じょーです。

先週、先々週と韓国へ出張に行ってきました。

出張内容は、不具合部品の交換を行い機械を稼動させるということでした。

目的の不具合はクリアになったのですが、また別の不具合が発生してしまう
最悪の状況となってしまいました。

お客様はすぐさま製品の生産をしなければならず時間との勝負でもありました。

現場に天竜精機の人間は私しかおらず、設計や営業と電話のやり取りでなんとか
機械の復旧を目指していましたが

そうこうしている内に週末になり、社内は休業になってしまいました。
現場の私一人だけでは、これ以上対策を打つことが出来ない状況になってしまいました。

しかし、そんな中でも機械を何とか復旧する為に、営業、設計、組立の関係者の方々が
集まり社内で対策会議を開いてくださいました。

そのかいあって翌日には、お客様へ不具合内容や対策に関して回答することができました。

少しでも早くお客様に安心、満足をしていただく為に会社全体として問題に向き合っていく
ということがとても重要だと感じましたし、サポートしてくださった関係者の方々に
とても感謝しています。

作業しているメンバーは海外や国内とバラバラではあったのですが
相談すること、助け合うこと、そしてスピードを大切にすること。
これが出来るのが天竜精機の強みの一つなのかなと感じました。

今回の出張は非常に大変でしたが、とても勉強になりました。
ランキングに挑戦してます
あなたの一票が私達を勇気づけてくれます。
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
リンク
ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。