スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2.5

今、社内では新規製作の機械をお客様の元へ今までよりも早く届ける取り組みを
行なっています。

そこで、私の所属する組立グループでも早く機械の組立、調整を完了させて
お客様の元に機械を届けるにはどうしたらよいか?
同グループのS君と二人で考えることにしました。
なぜ、S君と二人で考えるかというと、組立グループにはメカ担当の二つの班があり、
S君と私はその班長を任されているため計画を立てることになりました。

まずは、8月に予定されている二つの工事で計画してみることにしました。
組立グループでは、部品がそろい組立開始からお客様に届けるまでが基本的な作業です。
目標とする日程に機械を納めるには、組立作業、調整作業に何人の人を投入すればよいか
考えます。
008.jpg

その他にも、今までと同じやり方で作業するのではなく新しい取り組みも行い
より早く組立ができるようにします。
・組立前に各ユニット組立担当者を決めて、設計者、調整チーフと打合せを持ち
より完成度の高いユニット組立をする。
・組立時間を調査して目標時間より早くできた場合のポイントや時間オーバーしてしまった
場合の問題点を残して次に生かす。
などなど、です。
006.jpg

↑S君、考案の新しい作業看板です。機械の現状をより知ってもらうためであり。
投入人員の把握に活かす予定です。
かなりの自信作です

まだまだ、色々なことが計画段階です。
諸先輩方よりアドバイスを頂き、組立グループをより良くできるよう取り組んでいきたいです。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

挑戦

新しい取組み、大変だと思いますが、
システム化できたときには大きな成果が出そうですね。

タイトルの2.5は
「受注から納品までの期間を2.5ヶ月で出来るように」
という、今年の会社方針ですよね?
私も達成できるように取り組まなければいけませんね。

同じく

自分が異動してから、大分変わってきましたね。
まだ一年足らずなのに、ガラッと変わった部分もあるので驚いています。

すごいですね。

普通に他の職場にいっても
どのていどの進捗なのかとか
把握しているようで把握できないことってあると思います。
現状のものから
さらに大きく突っ込んだ改善内容になってますね。
上手く定着できていくとイイデスね。v-218

気づかなかった・・・

組立グループで新たな動きが始まっているのですね。

7月初のころに組立グループで働いていたのに、この看板に全然気づきませんでした・・・

もっといろいろに関心を持たないと駄目ですね。
ランキングに挑戦してます
あなたの一票が私達を勇気づけてくれます。
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
リンク
ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。