スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

仲間や社会に関心を持ち・・・

こんにちは、sakuです。

今回は、新・行動指針の1番目
「仲間や社会に関心を持ち、愛ある指摘につなげます」
について書こうと思います。
私が以前かいた記事とかぶる部分があると思いますが・・・

関係ないですが「愛ある」の部分が自分で唱和していても
なんかムズ痒くなってしまいます。慣れるのかなぁ




さて、普段仕事をしていて「気になること」っていっぱいあると思います。
でもほとんどの人が、それを言わずに飲み込んでいるんじゃないでしょうか。
おそらく「気になること」ってほとんどが他人に対して感じることだからだと思います。

会社に対してだったり、本人がいないところではブーブー言うくせに面白いですよね。
かく言う私も自己チューだし、他人の目を気にするので、モロそんな感じです。

指摘をするってとても勇気がいることだと思います。
仲間に嫌われたくない、とか生意気だと思われる、とか
そもそも他人のことなんかどうでもいい、とか・・・


もちろん、何でもかんでも文句を言うだけでは
人間関係は壊れてしまうし、そんなのは社会人とはいえません。
ですが、本当にその人のこと、自分の部署のこと、さらには会社のこと
を思って指摘する事は悪い事じゃないと思うし
自分の為にもなるんじゃないかなと思います。


私の部署では、現在、組立途中の機械を全員で見て
お互いに指摘しあう時間を設けています。

「指摘する時間」というものを半ば強制的につくることで、普段なかなか言えないことも
言いやすく、また、指摘されるほうも素直に受け入れられる良い取り組みだと思います。

私が担当している機械でも、自分では見つけられなかったところを
皆でみて指摘してくれるので、安心感があります。

逆に指摘をするときは、自分は大丈夫だよな?言うくせにできてないなんて無いよな?
と、自分の行動を省みるいい機会になっています。

こういう取り組みが増え、目指すところは
そんな指摘や、仕事に関してのアドバイスが
自然に飛び交う職場なのかな、と思います。

それには、指摘するほうも、されるほうも互いに認め合って
向上心を持って仕事をする事が大切だと思います。


私自身もまだまだなので、仲間に関心を持ち
指摘ができ、また指摘を受け入れられる人間を目指していこうと思います。
また、社会にも関心を持ち、お客様のニーズや動向を感じ取れるようになりたいと
この行動指針を通して感じました。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

ランキングに挑戦してます
あなたの一票が私達を勇気づけてくれます。
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
リンク
ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。