スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

まるで親子ですね・・

こんにちはドリです。

引越ししたまま、もう3ヶ月が過ぎましたが
すこしも部屋がきれいになりません。
何とかしないとマズイですね。ウヘヘヘ

キサゲ加工というのをご存知でしょうか?
金属の平面を出すのにキサゲという硬いノミのようなものを使い
腕と腰と人間の体重を使って、少しずつ削り、平面をだす加工方法で
まさに職人技が必要な加工方法です。

各言う私も大学時代に経験したことしかないのですが
これの難しさについては理解しています。(←嘘)

、会社のそれこそ長老のような人と飲み会をご一緒しました時
「ドリよ。昔は研削工程だけじゃなくてキサゲもやってたんだぞ!
研削は、磁石で金属をくっつけて加工するから、磁石から外すと百分代で部品が反ってしまうんだ。
だから最後は(俺の様な)職人がキサゲを使ってきれいな平面を出したもんだ!」

お酒も入ってかなりご機嫌に続けました。

「ビシッと出た平面同士がくっつけば
10kgの鉄の塊も持ち上げても、くっついて持って行けるだぞ!」

そりゃ大げさだなぁ・・半分ウソでしょ?と言っても向こうは大真面目に
「ウソじゃないよ!」言っていました。

話は飛びまして・・・最近目にした風景を紹介します。
相談
一所懸命学ぶ若人と、それを伝える熟練者です。
聞くところによると・・・おじいちゃんと孫くらい年が離れてますが、
ここに写ってる孫は、パワフルに重い鉄の塊を操ります。
すごいですねぇ・・
実践
絵ではわかりませんが・・・キサゲを腰にあててエッチラオッチラ鉄の塊にむかって
がんばってる2人です。

これまた古い木のテーブル(どこから持ってきたんでしょう・・・)の上で
鉄の塊+2人の体重が容赦なくかかります。
テーブルが悲鳴を上げていました。

私が確認しているだけで5個の正直台が完成したらしいです。
すごいです。

ついこの間もその先輩(おじいちゃんの方)は腰をたたきながら
一人正直台にむかって格闘してました。

若人に聞いてみると作ってくれた正直台を見せてくれました。
ドリが「キサゲできるようになったかい?」と聞くと
「いやぁ!全然ですよ!
自分が作ってくれたものと、教えてくれた人が作ったものと全然肌さわりが違いますよね?
向こうは加工した表面がトゥルトゥルですよ!
あそこまでできるようになるのは大変ですよ!」と返されましたわ。

ちなみに私が触ってもそんなに違うの?って思ってしまいました。
モノの良さがわからない人間ですみません。

やっぱ難しいんですねキサゲ加工って・・
ちょっとやそっとじゃできるようにはなりませんね・・

お二人ともお疲れ様です。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

キサゲって熟練した職人しか出来ないものだと思ってたんだが、
若人がやってもそれなりに精度が出てると聞いて
「意外と簡単なんじゃね?」
と思ってしまったんだが、
そうでもないのかな・・

流石塩○さんですね。
研修のときの話も感動したけど
尊敬できる人ですね。
そういう人からどんどん
技術を盗みたいですね
ランキングに挑戦してます
あなたの一票が私達を勇気づけてくれます。
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
リンク
ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。